2012年10月

関空ターミナル2オープン!

帰国した早朝、
Peach専用ターミナル2のオープンの日だったようです。

雨の中、ここどこ??ってとこに到着。いつもの風景ではありません。
タラップ降りたら傘を渡され、歩くように指示がありました。
T2+(8)_convert_20121029012152.jpg
建物からの撮影。
タラップ降りるって、足の不自由な人とかベビー連れとかには不便だよな~

荷物を受け取り、出ると拍手が!
オープン初日の初入国だからか、拍手で迎えられました。
眠い乗客と、拍手のギャップにwww。
T2+(7)_convert_20121029011639.jpg
朝5:30なのにスーツ姿多すぎ!撮影も入りすごいテンションを感じます。
オープンとか、関係者はソワソワ・ワクワクするもんでしょうね~

これが記念品。
T2+(5)_convert_20121029011504.jpg

向こうに見えるのが、いつもの建物(ターミナル1という名前に)
7~8分ほど連絡バスでかかるそうです。時間に余裕を持ってこないとだめですね。
T2+(3)_convert_20121029011344.jpg
6:10のリムジンバスに乗ろうと思ってたのは、T1発ということ。
連絡バスの時間を入れてたら、思ってた時間の交通機関には乗れず、
結局T2発のリムジンを待って帰りました。乗客は二人でした。


一応、PRONTやセブイレも入っていて、多少の時間をつぶすことは可能。
建物自体は、空港なのかコストコなのかわからないような、
かなり低コストで作っただろうな~という印象。工場を歩いているような感じでした。
でもちゃんと定刻に安全に飛んだらいいので、値段を考えたらこれくらいでいいのかな。

関係ないけど、トイレの壁紙はかわいかったです♪


スポンサーサイト

初のPeach!

香港⇔大阪 

わたしはJALマイルをためてるのですが、
キャセイの共同運航でしか飛んでなくて、マイルの空席もなく断念。
香港航空は時間帯が一番いいんだけど、機体が古い印象でちょっといまいちだし。
(CAさんの黒のストッキングが伝線してたり(二人も)残念感が。。。)

で今回、初のPeachに乗ってみました

■まずは値段。一番安い日になるよう往復日を設定。

Fare $1998
香港出国税 $120 香港セキュリティチャージ $33
ストレッチシート往復 $128×2 ※一番前の足を伸ばせる席
手荷物往復(20kg)$160×2
支払手数料 $42

計HKD2929 (日本円30169円) 

安い!ストレッチシートとかいれなかったらもっと安いです。


■フライト時間が遅い!(安いから仕方ない。。。)
深夜0:50発 ⇒ 5:30関空着
21:10発 ⇒ 深夜00:35香港着

■空港ターミナルの端っこ(遠い!)

エアポートエキスプレスから降りる時、
左の扉はT1(ターミナル1) 右はT2になってます。間違えないように。

誰もいない空港ってなんだか不気味。
peach+(2)_convert_20121029004337.jpg

カウンターで荷物預けてから、ゲートまで25分でした。
(イミグレや荷物検査はガラガラで人がいないのでスムーズ)
香港では空港内でシャトルを乗りつぎです(バスに乗ることもあるらしい)

チケットには34GATEとあるのに、掲示板には何も出ず。
peachだけ、ギリギリまで決まらずでした。
peach+(7)_convert_20121029004523.jpg
00:50発だけ、ずっと空白。

■サービスはない!(けど心地いい)
飲食物がないので邪魔されないです。テレビとかもないけど眠るだけです。
困ったのは、ブランケット。忘れてました。
寒くて寒くて眠れない。2000円で買うか迷いましたが、荷物になるし耐えました。
(CAさんが察して機内の温度上げてくれました)

peach+(4)_convert_20121029004445.jpg
結構足は伸ばせました。でも寒くて三角座りしてたので意味なかった(*_*;


CAさんの制服もカジュアルパンツスーツでかわいかったです。
シンプルなサービスって結構いいな~と思いました。
(深夜便で飲食物サービスされて起こされるのはイヤなので)

源記 甜品専家

上環にある、うっかり通り過ぎてしまいそうな渋いお店。

源記甜品專家
西環正街32號地下(G/F, 32 Centre St., Sai Ying Pun, Hong Kong)
2548 8687
Island Pacific Hotelからの坂途中にあります。


お友達のダンナおすすめのこれをいただきました。

桑寄生蓮子茶
くわ (3)
ほんのり甘く、ちょっぴりハーブっぽくおいしい!
蓮子もすごいたくさん、ホクホクしてて、幸せ~♪
240円くらい($24)です。

効能はこれ 肝腎補 腰痛、小児背強、消擁腫、安胎、充肌膚 などなど
でもそんな色々効能あるのに、普通においし~!
くわ (1)

おじさんが一生懸命つくってます。
ごま汁粉をたべろたべろとすすめてきました(笑)
石臼でひいてつくってるらしく、ごま艶があり美味しそうです。
くわ (2)

創業は1885年の老舗店です。地味で渋くていいなぁ~
くわ (4)

次はごま汁粉!

香港ビーガンランチ

上環に住んでる友人が教えてくれたビーガンのお店へランチ

GRASSROOTS PANTRY 豆苗居
http://www.grassrootspantry.com/
上環からトラム、降りてから坂道をガガーっと結構のぼった
地図持参じゃないとわからないところに。


フランスにあるカフェにような女子好きな雰囲気!

今日のランチはカレーでした♪
ビーガン (1)
玄米だ!(*^^*)

ビーガン (4)
意外とスパイシーなココナッツグリーンカレー。

ケーキを2種、5人でわけました。
ビーガン (3)
これはローフードチック。結構いけました。
ビーガン (2)
チョコは。。。塩っぽく、曖昧な感じがちと微妙かな。

この紅茶の缶がかわいい!
ビーガン (5)
チャイココナッツグリーンティ という、どう混ざってるの?というのをチョイス。
シナモンなどのスパイスの後ろにココナッツの香りがほどよく、でも、
ミルクもないストレートのグリーンティのシンプルさ、不思議においしかった!

相変わらず長居した5人でした。でまた次の店に


今日、ビーガンの店ということで、違いはなんだ?と考えておりました。

ビーガン
ブッディスト向け・乳製品フリー・グルテンフリーの手書きマークです。


わたしの中の分類では、

■ベジタリアンは宗教や思想・体調から食べないと決めているけど、
人により考え方に違いがあり、乳製品OK、魚は食べるよ、皮製品も使わないよ
といった色々な感じ。

■ビーガンは、完全菜食主義、宗教、個人の意識・思想的なもの。

ただ、ベジタリアンもビーガンも、オーガニック、無農薬栽培であったりといった
出処は重要視してるのかな?という印象。

■マクロビは、完全菜食というのではなく、自然の秩序にのっとった食事をしましょう 
という考え方。そこに陰陽、一物全体、身土不二など、東洋思想と日本の伝統食を融合
した独特の思想に基づいて築かれたものだと思っています。

手のひらにのるくらいの魚もOKである、有精卵ならOKとする人も。
お手当法のでも、卵醤という心臓病に効果のあるものや、鯉こくといったものもあります。
正しく作られている これが大切だとわたしは考えてます。
食べてる乳製品は大丈夫?野菜は?調味料はどう?ちゃんと考え判断できるか、
そのをもつこと、これがマクロビオティックなのではないのかな~なんて。

香港で、オーガニックをよく見かけますが、野菜はあやしいなぁ。
市場でもオーガニックを掲げてる店がありますが、理由が売れるから。
う~ん。確かにそうなんだけど。

善意を信じて、自分を信じて、ありがたいと感謝して食べてたら大丈夫かな。
まずは出せるカラダづくりにしていかないとです。

※ビーガンとベジタリアンとマクロビの違い。
詳しくは ここ をみてね。


秋の美*食 session(大阪)

11月4日日曜日
美魔女ピラティスのさこちゃん先生とteam食楽堂セッションします!

目指せ!インナービューティー 
「美♡食session-1st~秋~ 」 
 


first session 秋の美骨ピラティスAVDスペシャル75
second session 潤いの美食お料理会 料理教室~マクロビパーティ

詳しくはこちら! さこちゃん先生のブログ まで。

カラダ整えて、カラダにいいものおいしく食べて、
料理も作って、カラダにいい話聞けて の嬉しいフルコースな1日。
大阪城のライトアップが目の前に!の超素敵な会場です。



あともうひとつ、秋からの仕事で、
骨盤・ヨガ・アロマ・ヘアメイクさん そしてわたしの5名(メンバー)で
色々「すてきなモノ・コト」を紹介していきます。

WEBでのメニューと香港のすてきネタの紹介を行います。
オープンしたらまたご紹介します♪

お誕生日会での話

山歩きの会で知り合ったベジ友のお誕生日会。
ベジとノンベジのMIXメンバーだったので、火鍋へ!

譚魚斗 www.tanyoto.com.hk
Wanchai駅のA3出口出てすぐ


トマト鍋をいただきました。(奥は肉派の辛い方)
火鍋
さつま芋澱粉で作った葛きりのようなものナイス!
冬瓜やクレソンを入れるのは初でしたが、なかなか美味です。

薬味がいい♪
火鍋 (2)


「天職と適職」「強く引き寄せられたこと・場所」 の話になりました。

お誕生日のやえさんは、日本→上海→イギリス→香港で先生をされています。
小さい頃の夢を叶えた幼稚園の先生はものすごく天職だったとのこと。
でも園長先生になった時に違うと感じ、イギリスという土地に呼ばれ、
ヒーリングの世界へ強くいざなわれ、クリスタルヒーリングの資格を。
そしてエジプトでヒーラーさんたちの集まりで、後頭部にカチッとスイッチいれられ、
感じるように(チャネリングできる)なったらしいです
アロマやハーバルメディスンの話も色々聞くことができました。
(この話は大阪のやえさんたちも興味あるだろな~なんて(*^^*))

バリ式ヘッドスパのるみさんは、外資系証券会社で
NYやシンガポール、日本で20年、仕事は全く好きじゃなかったけど、
ものすごくうまくこなせる適職だったとのこと。
でもバリにいざなわれ、一回目の旅行でここだと思い、
ヘッドスパの資格をとり、バリに家も建ててしまったそうです

そっかぁ、適職だけど好きかどうかはまた別か~と。
適職を仕事にする方がいいのか、天職を仕事にする方がいいのか。。。
わたしにとっての天職は、探求し続けられるもの かなぁ。

ちなみにダンナ氏の今の仕事は、こなせるけど適職でも天職でもないらしく、
最近、こういう世界に進みたいのではないか?と思うこともあるそう。
(はじめて聞いたよ!ここで!みたいなΣ(゚д゚111))

こういうマインドロックを開くのにも、クリスタルヒーリングはいいそうです。
一度受けてみたいな~と思ってます。

そしてこの地場に惹かれる話。時々聞きますが、
私はここだ!と地場に惹かれたことはまだないです。
香港は好きだとは思いますが、ここ!ていう感覚はありません。
早く味わってみたいもんです。
 
と、ある一定の顔が浮かぶ面々は興味あるだろな~と思いながら、
楽しくおいしいお祝いの時間をすごしておりました。
祝わせてもらえてありがとうです!

夏のケータリング②

今回は、新築お祝いへ

お友達のお友達が担当したマクロビ教室の生徒さんだったりと、すごい偶然で。
めっちゃおもしろいかわいい奥様♪とそのママ友達の食事会です。

今回はテーマはなく、
「マクロビってこんなにおいしく見た目よくできるのよ~」て感じで(笑)

ケータリング (8) 
ケータリング (11)

ケータリング (9) 
ケータリング (12)
ケータリング (10) 
ケータリング (14)

私たちも一緒に座っていただいちゃいました。
3人のキャラが出た料理&味付けで、
しかも即興でこうしよう、これいれよう~となり、
イメージと全く違ったものができたりするんでおもしろい!

6名でteam食楽堂として、がっつり料理してきただけあり、
即興料理がみんな得意になってます。みんなの動きもわかるのでラクだし楽しい!
食楽堂ブログ →今は末っ子カナちゃんのMOGU cafe 開催です!大阪きたらぜひ!

夏のケータリング①

夏に帰った時、team食楽堂で飲んだくれてる以外にも
ちゃんとケータリングしてきました(*^^*)

日本ネタは、Confo@TABLE(ブログはこちら)なんですが、
アカウント思い出せない~(´Д`;) いずれまとめなきゃなぁ。。。

今回、ワンコの手作り食活動のなおさんともにケータリングしたのは、
素敵なあっこ先生のご自宅。生徒さんとのマクロビパーティです(ブログ記事)

テーマは「美肌・美白・排出」

マクロビに、薬膳の考え方やローフードの考え方も取り入れ、
夏の終わりかけの女性のためのメニューにしました。
穀物、海藻、野菜、乾物、果物、種子類をバランスよく組み込んでます。

ケータリング (1)
ケータリング (4)
ケータリング (2) 
ケータリング (3)
ケータリング (5) 
ケータリング (6)
ケータリング (7)

みなさん、ヨガや骨盤など、自身でメンテナンスをしているだけあって、
とてもはつらつと素敵な女性たちでした。

先生の飼ってるボクサーワンコたちにも手作り食のお振る舞いや、
WEBでの取材もありと、にぎやかなパーティでした。

誰かと楽しく料理するってのが、私にとってはやっぱり楽しいなぁ♪



アフタヌーンティ (レパルスベイ)

中国茶レッスンの後、茶友5名でアフタヌーンティへ。

ザ・ベランダ・レストラン(The Verandah Restaurant)
香港浅水湾道109号(109 Repulse Bay Road, Hong Kong)
銅鑼湾の日本人倶楽部裏のバス停より30分ほど
2292-2822
12:00~14:30 afternoontea 15:00~17:30


すごい素敵な雰囲気で、みんなテンションUP

DSCN0578.jpg
サンドウィッチが見た目は凝ってる印象。
マリアージュの紅茶とペニンシュラの紅茶が数種類
RedTeaはルイボスティベースでした。

20121018[1]
一番奥の席に変えてもらいました。
外国ではとりあえず主張しよう!これ大切です。

イギリスに10年住んでて香港に来てる方がいて、
スコーンとクロテッドクリームの点数をつけてもらうと。。。
スコーンはまずまずですが、クロテッドは残念とのこと。

確かにクロテッドクリームというよりは、
バターに空気を含ませただけ?という感じでした。
わたしももうちょっとフワフワ、でもしっかり なテイストが好きかな。

5人で2人分の注文でしたが、話してたのもあり残してしまいました。
個人的にはマンゴープリンが好きかな♪

アフタヌーンティって可もなく不可もなくが多いと思ってるのですが、
こちらは雰囲気を味わうにはもってこいかと思います。

ただ、車苦手な方は注意です。
2階建てバスなのに、山道を荒っぽい運転で走りぬけるので、結構車酔いします。
1階の前の揺れにくいところを確保してください。

バリスタイルのヘッドスパ

香港で唯一バリスタイルのヘッドスパが受けられるのがこちら。
ODOヘッドスパサロン

るみさんとは、山登りの会で知り合い、ベジ仲間になりました。
とってもパワフルな大きなオーラのある楽しい方です。
=力も強いから、マッサージは最高に気持ちいい!ツボはいりまくり!

今回は2人セットメニューを受けましたが、
次回は絶対75分コースをひとりで受けたい!と思いました。
男性もいけるので、仕事で疲れた時におすすめです!

hedspa.jpg
香りとマッサージに寝てしまいますzzz

ハイキングと山登りの会

山登りの 「若人会(こちら)」へ参加してみました。

香港は来るまで知らなかったのですが、陸地面積の約4割は自然保護区であり、
いくつものハイキングコースやトレイルルートが整備されていて、
ハイキングはメジャーなレジャーなんです。

この若人会、毎週土日に開催されています。
予約もなしに自由に決められた時間に駅に集合して、軽い自己紹介。
そのままリーダーさんおすすめの山へ登ります。(このゆるさがいいですね♪)

私は初参加なので、一番簡単なAコースの日に参加です。
(コースごとに難易度があり、自分でチョイス。一人参加もOK!)

鰂魚涌の裏の山(Quarry Bay Extension)へ約2時間ほどのハイキングでした。
yama.jpg


詳しい写真と紹介はリーダーの るみさんのブログ まで

緑を堪能でき、色々な方と知り合って、ランチ食べてとても楽しい1日でした。
しかも、20人ほどの参加者でリーダーのるみさんはじめ、
こっちで働いてる日本の女性に、香港人の男の子、5名もベジの人が!
マクロビも知っていたりで本当にびっくり嬉しい限りです。
何かがひきあったなぁ(*^^*)

次回ベジごはんで会おう!と約束して帰りました。


香港で大人気の和菓子

天后でに平日夜遅くにもかかわらず行列してるスイーツ店。
何度か入れず、一回は行きたい~とねらってました

瀰月屋 
 香港和菓子 (4)
日本の昭和レトロをイメージしてるよう。
香港和菓子 (1)
ちなみにキッコーナン はパクリではないですw
香港和菓子 (5)
混んでいようが、気にせず長居するのが香港人。

香港和菓子 (3)
わらび餅にところ天と和菓子大人気!

私はりんご大福なるものにチャレンジしてみたけど。。。
香港和菓子 (2)
ポッキーって!

粗削りすぎるよ~!  と思わず大声。

これを和菓子と思われると、日本人としてはちょっと。。
手前味噌ながら、これくらいのりんごは出してほしい(^_^.)

これくらいのりんごのタルトタタンはこちら さすが食楽堂(笑)




留家厨房 kin's kitchen

またも天后(おいしいものいっぱいエリア!)
ここもいつもはやってて気になってました。
お気に入り澤田の近くです。

留家厨房 kin's kichen
見た目普通のお店なんですが、私菜房とのこと。
(私菜房の定義がまだわかってないですが)

二人で4000円ほどの一番軽いコースを注文。
スープ→名物→野菜など2種→ごはん→デザート です。

留家煙燻鶏というのが名物らしく、燻製にしてるのは香港では珍しいそうです。
醤油ベースで日本人が好きな味だと思います。

留家 (4)
薄味で滋味深いスープでした。奥が名物スモークチキン。
顔ごと一匹のってます。

留家 (6)
スープがおいしいから、野菜もいい味です。

留家 (7)
分厚いしいたけにエキスが染み込みじゅわじゅわおいしい♪

留家 (3)
このかぼちゃのほの甘いスープデザートがおいしかった!

ここはアラカルトで薬膳的なメニューもあるようです。
コースよりもアラカルトで色々食べてみたいかな。

味付けの塩味がいい塩梅で、へたなホテルよりおいしい。
値段も手頃だし、流行ってるのがよくわかります。

留家 (1)

留家 (2)
やっぱりとってました。


雲南米線

香港のあちこちで見かける雲南米線のお店。

お米でつくられた米線と呼ばれる雲南省の麺で、
丸く太めでコシはなくツルツルしています。
ベトナムのフォーとはまた違った食感。
ただプラスチックのお箸だと取りにくいのが難点。

阿糊雲南米線 天后
DSCN0205.jpg
このお店は、高菜のような漬物がどっさり入ってます。
発酵食品の漬物だからカラダにいいはずと、
私が日本に帰ってる間にダンナがよく食べてたらしいです。

早速試してみると、結構発酵してるね~な高菜が入ってました。
肉なしで 海苔・高菜・もやしメニューもありました。
DSCN0204.jpg

この雲南米線
スープもさっぱりで、小麦麺ほど疲れないので、小腹減った時におすすめです。
お粥や麺系はだいたい300円くらいです(^^)

日本でも米線のお店、もっとできたらいいのになぁ。
本町あたりでサラリーマンに絶対受けると思うけど



国金軒 Cuisine Cuisine

国金軒 Cuisine Cuisine
Shop 3101, podium level 3, ifc mall, Central, Hong Kong

土日は混んでるので予約要です。

スタイリッシュな雰囲気。色々受賞してるお店なよう。
国金軒 (1) 国金軒 (2)

窓際だとちょうど湾仔あたりの夜景がきれい
国金軒 (3)

ジャンルはモダンカントニーズ。
でもみんなごはんにのっけてワイワイ普通に食べてましたが(笑)

国金軒 (8)
結構、紹興酒味が強いので、お酒好きにはいいかも。
国金軒 (7)
コーンいっぱいでおいし~♪
国金軒 (4)
メニューには、フルーツを使ったソースが多いのかな?という印象。
私は酢豚にパイナップル派なので レモンソースウマ!でした(*´∀`)ノ
国金軒 (5)
バター?と思いきや、ナッツ。ベジな一品です。

これは見た目もおもしろくおいしかった!エビプリ度高!
国金軒 (6)
船も食べれます。じゃこで帆を作ってるのがスゴイセンスですよね。

接待にも使えそうだし、
お友達を連れて行ってもいいなぁと思ったお店でした。
次はランチねらいです♪


亀ゼリーのフライ?

金葉庭のコースを頂いたあとは、
目的のこれ!

亀ゼリーのフリット!
亀ゼリー (1)

亀ゼリー (2)

ちょっと苦味のあるゼリーが口の中で溶けていきます。
そこにフリットのかりかりサクサク感が入って、
シロップの甘味と生姜がアクセント。

よく揚げたよね~と感心の一品。
ありなんだかなしなんだかわからないスイーツです(笑)


金葉庭 -コンラッド

金鐘にあるコンラッドホテルの中華 金葉庭

香港にしては驚くほど静か、モダンな雰囲気でした。
ビル中なので、窓からの景色はありません。
金葉庭 (3)

今回は二人共別のコースをいただきました。
前菜→スープ→魚介→メイン→お肉→炒飯→デザート2種
7000円前後のコースです。

ベジアラカルトもあるので、そっち希望だったのですが、
ダンナ氏が接待で使えるか知りたいからと、無難なコースに。。(-_-)

金葉庭 (1)
金葉庭 前菜盛り合わせ
金葉庭 (10) 金葉庭 (9)
スープ2種 この酸辣湯は具だくさんでおいしかった。
金葉庭 (6)
しいたけが肉厚で、味がしゅんでおいし~ジュワぁ♪
金葉庭 (7) 
エビはプリプリブリブリ!
エビの調理の仕方でいい店かどうかわかります。


ホテル中華だけあって、コクあるけどあっさりもたれずです。
魚介の調理の仕方、お出し(スープ)もしっかりしており、
お野菜の下味もいい感じに仕上がってました。

ただ、お肉だけは、うぅぅぅん Σ(゚д゚lll)
あえてつみれ?的に調理してますが、もともとお肉は胃がもたれやすいのか、
お肉の味も食感もソースも???な一品でした。
(別の味付けのダンナ氏も同意見)

やっぱり大人数でアラカルトで好きなもの食べるのがいいな♪

評価が高かったのが、ビール!器ナイス!
金葉庭 (2)

国慶節の花火

10月1日、香港は国慶節で祝日でした。
この祝日は、1949年10月1日中華人民共和国成立を記念して10月1日を国慶節とし、
最大の祝日としているそうです。各地でお祭りムード一色でした。

一大イベントの花火
香港では短時間(20分くらい?)で大量に打ち上げられます。
テレビ中継もあったり、船から見る人もいたりと、天神祭のようですね。

その日に知り合った大阪出身の方のお宅にお邪魔して見てきました。
位置的には横から、ビルに半分隠れる方向だったので、半分だけでしたが、とってもきれいでした。

花火 (1)

あとはニューイヤーのカウントダウン、旧正月に花火があがるそうです。
新しい家からちょうど見れる位置なので、楽しみ!ヽ(・∀・)ノ


香港にいたトラッキー!
さすが大阪人ww
花火 (2)

香港のタクシー

家もようやく決まり(明日入居)、ちょっと気持ちも落ち着き、
英会話や広東語、中国茶などを習いだしてます。
カンフーが習える話なども聞き、料理以外の稽古欲がかなり強くなってます(笑)
運動神経悪くてもカンフーいけるかな。。。

明日はいよいよ引越。
3か月お世話になった天后のアパートメントを離れるのは、ちょっとさびしい。。
小さなアパートメントだったので、受付やクリーニングの香港の人と話せないなりに
仲良くなってたので、おばちゃんとさびしいね~と言って、別れを惜しんでました。

香港の人はすっごく人懐っこいと私は思ってて、なんやかんやとかまってくれます。
大阪人気質に近いかもしれません。
新しいところでも色々な人とコミュニケーションできたらいいですね♪


今日は、その新しい入居先へ移るのに、
タクシーで何往復も荷物を運び入れていました

香港は、海をまたいで九龍と香港島に分かれており、
渡るのに海底トンネルくぐるのですが、時間帯によりすごく渋滞します。

また島ごとに営業エリアがあるらしく、渡ってくれずに乗車拒否もしばしば。
最初は、意味わからず乗車拒否されて 「なんでよぉ!!」と怒ってましたが、
どうやら島を渡ってくれるタクシー乗り場があるらしいと聞き、
そこでひろうと問題なく乗れることがわかりました。

メーターのところに、「out of service」カバーをしてあるのが、
海を渡ってくれるので、フロントガラスをチェックです。
一応窓を開けてもらい、海わたってくれる?とジェスチャーしてみるといいです。

どのあたりにそのタクシー乗り場があるのかは、普通ではわからないのですが、
乗車拒否されても、運転手さんに聞いてみると、意外に親切に教えてくれます。

初乗り200円と安いし、メーターもそんなに高く上がらないので、
渋滞時間さえ外したら、すごい便利です。
ただ英語が伝わりにくいので、必ず住所と目的地を漢字を書いて見せてください




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。