2012年09月

澤田小廚(仔仔小廚)

香港に来てるから会おう~と、ダンナ氏の旧友よりびっくり電話が
ならば、香港らしいところで食べようと、ずっと気になってたこの店に。

sawada (2)
澤田小廚(仔仔小廚)  天后清風街1號 
また天后エリア(^_^.) このあたりに住んでたら、おいしい店多いので出かけなくなります。
ここはいつもローカルな人で賑わってます。一見ハードル高い店ですが大丈夫!

雰囲気かなりB級ですが、味ウマ!しかも安!
香港で食べてる感いっぱいなお店。 ここはかなりおすすめだなぁ~
日本語メニューも一応ありました。(でも広東語メニューの方が豊富)

sawada.jpg
荷葉田蒸雞 $75 めちゃ大きい!コロコロ蓮の実が。

sawada (5)
XO醤鮑片炒翠玉瓜 $65 ちょっぴりスパイシー。

以下 お店のお兄ちゃんのおすすめ。 「好介紹?」(ホウガイシウ?)おすすめは?
sawada (3) sawada (4)
ベジっぽい一品。厚揚げの中に何~??ブロッコリー??

sawada (6)
すごいボリュームです。

男性陣、ビール結構飲んでましたが、他にも色々食べて、5千円ほどでした。
ベジや腐乳を使った料理など、興味深いものもあり、再訪決定です(^^)

fukudanna 語ってますね。
sawada (1)
路地で食べてるので、人が通るたびにどかないといけません。


スポンサーサイト

香港は問題ないです

中国、色々起こり(し)ましたね。集会情報は本当でした。
ただ、香港で普通に暮らしている分には、何も問題はないです。

香港人は「自分たちは香港人である」というプライドを強く持っており、
中国の影響を受けることに、なんとか抗おうとしているのを感じます。
http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/2012/09/post-553.php

この記事を読むと、これからの香港人は中国化されてしまうのか?
教育が国を造るということへの意識がない日本はどうなんだろ?
など色々考えさせられます。

身近で感じる香港の人は、
日本人を好きな人が多いというのが印象で、よく広東語で話しかけられます。
筆談や笑顔のみの会話ですが、人なつっこいですし、困ってても何かと助けてくれます。
無愛想な人もいますが、意外と親切だったり。
ちょっとわかったよ~という感じを見せると、ものすごく会話されちゃいますし(^_^.)

好味  ホウメイ おいしい
唔該  ムゴイ  お願い・ありがとう ※please みたいな
埋単  マイタン お会計 ※テーブル会計が多いので

この3単語だけでも、香港人にはすごく喜ばれます。もう好味!の連呼です(笑)
もっと覚えてコミュニケーションとりたいと思います。

意外とややこしいなと感じるのは、
香港で仕事をしていて永住権を持ったような、香港ナイズされた日本人。
かえって日本人に対してきついですね。

日本語を勉強してきて日本に住んだことのある香港人や中国人は、
返って考え方なども日本ナイズされていて、ものすごく親日ですね。

いつまでも信頼され好かれる日本であってほしいと思います。

結婚記念日は和食で♪

10回目の結婚記念日でした。

いつも忘れてしまうのですが(わたしの方が)、
今回は、FBの友達からのだんじり写真を見て思いだしました!

結婚記念日って、入籍日をいうのか、結婚式の日を言うのかどっちでしょ?
私たちは出会った日で、だんじりの日に入籍しました。
(生まれが泉州のダンナ氏なので忘れないだろうと思って(^_^.))

なお膳
中環にある和食割烹のお店です。おまかせコースは680$~
駐在のお父さんたちにめちゃ人気のお店です。

日本から毎日空輸で入荷した野菜や魚をつかい、
佐渡島の玄米をその日に精米して炊いてるそうです。(玄米で出して~!)

私たちはアラカルト&お寿司&日本酒をいただきました
創作ではなく、オーソドックスな和食でしたが、お出しの味も満足でした。
二人でおなかいっぱいで1500$(15000円くらい)でした。
内容的には、日本より2~3割増ってとこでしょうか。

naozen.jpg
自家製烏賊の塩辛がいい塩梅です!

DSCN0008.jpg
香港はまだ夏だから、緑のもみじかな?

naozen (2)
でも松茸の土瓶蒸しで秋も感じつつ

naozen (3)
山桃のワイン煮。おいしかった~!

ちょうどお友達家族が京都の川床に行ってると写真が送られてきたり、
京都でランチの写真が送られてきたりで、なんだかこっちも京都にいる空気に。

やっぱり和食、そして日本酒はおいし~
(日本酒は岐阜の三千櫻。そんなにラインナップはなかったです)

香港フレンチ

Four Seasons Hotel Honkong
フレンチレストラン 
Caprice
☆☆の店なので、一応予約必要かも。

雰囲気キラキラで景色も最高

料理の見た目がキレイでとっても楽しめます。
ランチのコースだとかなりお得にいただけますよ♪

ホテル写真拝借
HKG_021_400x320[1]

一番印象に残ってます。
カプリス (5)

チョイス失敗(笑)
お肉イヤだったので魚とクスクスにしたんですが。。。デカ!
カプリス (4)

女子に嬉しいスイーツチョイス。
勉強に~と色々選びましたが、結構甘くて断念
でも見た目すごく参考になります。マクロビスイーツでもきれいなの作りたい

カプリス (1)

カプリス (2)

この茶盤にプチフールのせるの素敵です!
カプリス (6)

ホテル写真よりもノンビリできるイメージ。
カプリス (3)

ここを取るなら、
同じFour seasons内にある絶対 龍景軒 も!
かなり予約取りにくいですが、ここの広東料理はめちゃおいしい!
(唯一の香港☆☆☆なので当たり前ですが)

ベジ対応メニューもあります。
オーガニックとそうでないのにちゃんと分けてくれてます。

龍眼肉ごはん③

③「龍眼肉じゃが

意外とあり!龍眼肉と枸杞子の甘味が醤油にマッチ!。
ジャガイモ入れる前に、かなり炊くのがポイント。

龍眼肉じゃが

正食協会で習ったマクロビ。
こういう時は本当に習ってよかった~としみじみ感じます。

出しを使わないお味噌汁って、蒸し煮って、改めてすごい!

龍眼肉ごはん②

龍眼肉はこんなの。
龍眼肉

もどしてたたいて使ってみました。
龍眼肉 (2)

②「ゆで野菜の龍眼肉味噌がけ 葛とじ
甘味と酸味のバランスがいいありな一品。持参した浜納豆が効いてます。
浜納豆はこんなの

龍眼肉みそ (2)
アブラナ科の野菜。

龍眼肉みそ
香港の有機カリフラワーのうこんあえとワカメナムルも一緒に。

③茄子と龍眼肉の炊き合わせ
写真ないですが、これは龍眼肉が主張しすぎていまいちでした(笑)

意外とクセがあるので、じっくり炊いてうまみをなじませる方がおいしい素材です。



龍眼肉でごはん①

龍眼肉と枸杞子を使って、マクロビ薬膳ごはん

枸杞子 ナス科クコの実
甘/平 肝腎肺 滋陰 補肝腎 明目 潤肺
ふらつき・めまい・視力減退・腰膝倦怠 

龍眼肉 ムクロジ科リュウガンの果肉 
甘/温 心脾 養血 補心脾 益気血  
動機・不眠・健忘・食欲不振

隠虚で気血不足タイプにもよく、精神過労にもいいので、
ストレスフルなダンナ氏にいいかもと料理に使ってみました。

①「龍眼肉カレー

龍眼カレー
キッチンは小さく、電気コンロが1台のみ。
唯一持ってきたシラルガンで玄米炊いてます。


龍眼とついてるなら、お肉っぽくなるかも?とカレーに。
スパイスとなじみ、炊けば炊くほどクセが飛んでなじみ、おいしくなりました。

ワカメノリゴマネバネバサラダ
海藻を食べたくなり、海苔と若芽をたたいてドレッシングに。
練りごまも混ぜ、ちょっと梅を効かせてます。
ワカメノリ

OG店が近くにあり、知らない野菜を買ってみたら、
モロヘイヤっぽくねばねばしてました。

このカレー
→カレーうどん→カレーリゾット へと3段活用できました♪
龍眼カレー (2)

自炊できる時は、
穀物と野菜と海藻の割合を考えて食べるようにしています。

身体からの便り

今回はこれでもかの海藻と乾物。
梅醤、葛、漬物、梅酢など、手に入りにくいものを持参。

nimotsu.jpg
37kg→23kgにするのに数時間かかりました(^_^.)

7月の香港滞在時
ホテル住まい一ヶ月=ずっと外食 というすごいヘビーな状況で、
マクロビ食材も全く持参してないことから、ものすごく体調不調でした。

嬉しいはずの飲茶も毎日食べると飽きてきます。
まずは「便」からの変化。カラダのお便りがすごいことになりました。
コールタールが身体から出るの??て感じで(^_^.)キタナイ話スミマセン。

野菜が食べたい!とイライラしてきて、
ベジタリアンのお店で毎日野菜や雑穀食べたりしてたんですが変わらない。
外人さんのベジは冷たい系サラダが多いので、身体がすごい冷えました。
玄米もブラウンサラダ化されており、オイル&コールド状態。

味噌を買ってお湯で溶かして飲んだりもしたのですが、効果なく。
日本食店は、天丼とかお寿司とかが多く、いわゆる野菜豊富な定食はありません。

便が常におかしいというのは、それだけで気持ちも鬱々してきます

8月に一旦帰国して、3日で便が戻ったのにまず驚き!
玄米とお味噌汁と海藻と野菜とお漬物 やはりこれ
温かいお味噌汁に玄米、ほっこりしますね


そして、今回の香港は、
小さいなりにキッチンがあるので、平日は自炊して、今のところお腹は無事ですが。。。
右目がかゆい!
小麦と動物性が多くなってるのは自覚してるので、
消していきつつ肝臓強める体操しないとな~と思っています。

誰か遊びに来る際は、醤油などのおみやげ、宜しくお願いします(^^)


夜中の雲呑麺

夜遅く帰るダンナ氏につきあわされて食べるのが麺類。

色々食べてますが、夜に食べるなら、ここのお店の「雲呑麺」
麺ウマ!です。細いのに1本1本、コシがすごくあります。
ぎゅっぎゅっと噛む感じがいい。
スープもあっさり、量も少なくもたれません。

0915 (1)

私は「ねぎと生姜の麺」を。
スープがついてくるので、かけたりつけたりして好きに食べます。
結構な生姜度で、辛い~と感じるくらい。生姜好きにはちょうどいいです。

0915 (3)

麥兆記(祖傳)廣州雲呑麵
天后 電気街の筋をちょっと曲がったところ。
前にも横にも雲呑麺のお店です。
0915 (4)

この天后あたりは、本当にローカルフードが多くて、おいしい。
キッチンがとぼしくて余り料理ができないのを言い訳に(^_^.)
ついつい食べすぎてしまいます。

担担麺 (ホンハム)

ごはんネタがたまってきてるので、随時のせてきます。
まずは麺からまとめていきます

ダンナの好きなものbest3に入る(と思われる)担担麺。
数年前から香港来るたびに、気になってたホンハムにある四川料理で有名なお店。

詠藜園
黄埔花園(Whampoa Garden)の蔡瀾美食坊(Whampoa Gourmet Place)
ホンハム駅から歩くと15分くらい、マンションばかりでおもしろくないので、
チムサーチョイあたりからタクシーがおすすめ


tantanmen (1)
あまり辛くはなく、ごまのクリーミー感が強めです。(辛さは選べます)
麺はしっとりややもっちり。量は少な目です。パンチは少ないかも。

行く時間によりぬるかったりのびたりしてるようですが、
私たちの行った12時くらいはまだ空席もあり、いい温度で出してくれました。

担担麺ではない、酸味と辛みのあるこちらが好きでした。
tantanmen (2)

意外とはまったのがこれ!
八角などの香辛料で厚揚げを炊いてます。ベジの方もOKかと。
tantanmen (4)

そして、エビ。ぷりぷり度ハンパなし!
tantanmen (3)


今回、この近くで物件探しをしてたので、ちょうどいい機会でした。
知り合いに紹介して頂いた不動産屋のチンさんがいい方で一緒にランチ
おすすめ料理を注文してごちそうして下さいました。
ありがとうございました!

安!エッグタルト

仕事の合間のお楽しみ、スイーツ
今日は、何人かいつも並んでる近くのパン屋さんで購入。
天后駅 電気街を少し行ったところです。

エッグタルト
マカオ発祥のお菓子です。ここのは焦げ目がないですナ。
0913 (2)

うん、いい感じに甘くない!下手にカスタード風でもなく、
昔懐かしい卵でつくったプリンや茶わん蒸しといった感じ。
卵をふんわり感じ、舌さわりはなめらか。
(ビーンズとかをいい意味で使ってないから懐かしいのかも)
生地が、これまた全く甘くなく、むしろ塩っぽい。
サクサク&シクシク(サクサクだけどドライすぎないという感じ)で、いい!

0913 (3)

値段が書いてないので、とりあえず20$と10$の札を渡したら、
10$だけとられました。ということは1つ5$(50円!)。
ビニール直接入れられたり、おもたせとかにの派手さは全くないですが、
普段食べには、これは当たりです☆

このお店、その時の焼き上がりで、何があるかわかりません。

集会には気を付けて

とあるところから、
16日と18日に香港で集会(暴動?)が起こる可能性があるとの話です
(セントラルあたりとか)

反日ではないらしいのですが、日本人が行くと問題になりがちなので、
あまり出歩かないでくださいねとのことでした。

性格的に見に行きそうとのことで、個人的注意勧告が出てしまいました(^_^.)

せっかくの日曜日、アバクロに買い物に行こう!と思ってたのにな。

一応、結構ちゃんとしたところから聞いた話なので、
のせておきました。

起こらないのが一番ですが、我が身は自分で守りましょうね。

B級ローカルフード

ダンナ氏より依頼で、香港に進出している日本企業の監査法人リサーチ、
せっせとエクセルにデータ作成しています。
データ集めるって意外と得意分野ですが、さすがにかんづめ状態はきつい。。。

それにしても日本の会社こんなに出てるんですね。
上場会社だけで、千は超えるかな?
一社ごとにあたるので、数日仕事になりそうです

遠くに出かけられないので、手軽に食べられるローカルフードにチャレンジ。

馬拉糕・菜肉包・ごはん蒸して巻いた不思議なもの」です。
0912 (2)

0912 (1)
蒸したごはんの中になんと揚げパン!
ザーサイの刻んだものと、干した豚(繊維状態)が
器用に一緒に巻かれていました。


さきいかとザーサイと油揚げの入ったおにぎりのような感じです。
甘しょっぱい味がごはんになじんだ、すごいB級な味、はまる人はめちゃはまる味。
私には、ちょっと濃すぎたかな。まわりのごはんだけ食べちゃいました。
3つで230円也。

天后駅 電気街(街=street)朝から夜まで開いてます。地元の人に大人気。
店先に並べてある手作り発酵ジュースにもチャレンジしてみたいんだけど、
まだ勇気でず。色々な実が入ってる不思議なジュースです。
0912.jpg


日系企業の進出状況を調べていると、
中国から大気汚染がくる~!と憤ってましたが、
日本の工場もかなりの数出ているので、その一端を担ってるなぁと。

日本は他国の力なしではやっていけないというのが今の実情で、
自然豊かでいるのには、他国の工場のおかげだったりすると思うと複雑。。。

と、空気の悪そうな風景を眺めつつ、ご飯食べながら思ってました。

北京ダック

北京ダックをダンナのお客様夫婦と食べに行きました。
緊張してお会いしたのですが、すごい気さくな方で、楽しい夕食でした。

全聚德烤鴨店
九龍尖沙咀麼地道65号南洋中心下低層


駐在員の方で人気のお店だそうです。日航ホテルすぐです。
日本では高い北京ダックも普通のお値段で食べられます。(1羽3000円ほど)
ネギときゅうりの食感、あひるの適度な脂、そして味噌!これ絶対のポイントです。
北京ダックはハーモニーで食べる料理ですね。(肝心の北京ダックの写真撮り忘れ)

セロリとユリ根の炒め物 清熱滋陰!
これは私の体質にもぴったりでおいしかった♪
セロリ


20年ほど前に財閥系銀行から香港駐在やシンガポール、中国駐在をされていた方で、
色々とアジアで住む心得などのお話をお伺いしてました。

何よりおもしろかったのが、財閥系の駐在奥様会のお話。
商社の奥様を筆頭に、系列会社でも順列があるそうです。
本当にあったんだなぁと、山崎豊子風ワールドなお話に興味津々でした。
今の銀行は財閥くっついたりしてますが、どうなんでしょうね。
どっちが強いとかあって、バチバチなってるんでしょうね~なんて妄想ドラマしてます(笑)



サービスアパートメント

7月香港に来て、8月は日本に戻り、今月から本腰据えてまた香港へ。

そして今「住所不定無職中」(^_^.)
とりあえずサービスアパートメントに入居しています。

私たちが今借りてるのは、香港島の天后(tinhau)駅から3分のところにある
EQUINOX SERVICE APARTMENT

ここでしか住まないだろうなぁという、真っ白すぎる部屋。
svap+(1).jpg
490sq(41平方m)で月20万ほどです。(相場は変動します)
16階と中層階だったので、これでもお安め家賃になっています。

こちらは、週に2回のクリーニング、ベッドメイキング、タオルチェンジがあります。
キッチンは小さく1コンロ(電磁)のみ。
水道・電気・ネットは賃料に含まれています。
※サービスは各アパートメントにより違いがあります。

サービスアパートメントというのは、長期滞在者・駐在員向けに月単位(マンスリー)
や半年、年契約で部屋を貸しているサービス付きアパートです。
ただ、マンスリーでの契約ができるところは数が少ないようです。

私たちも次の家が見つかるまでのつなぎとして、マンスリーで探していたのですが、
なかなか空室がなくて苦労しました。
不動産屋さんにかなり探してもらい、なんとかすべりこみ入居な状況でした。
(自分たちでネットでは見つけきれなかったです)


香港で手頃な価格のサービスアパートメントにタイミングよく入居するのは難しいです。
賃料30万円~だとあるようですが、20万円あたりの価格帯は人気があり、
物件も少ないので空室がありません。(ワンルームはもっと少ないそうです)

契約手数料ですが、不動産屋を通じた場合、
マンスリーで契約の場合、1/10の手数料を不動産屋に、
1ケ月のデポジットをサービスアパートメントに支払います。
(半年契約~の場合は、1ケ月分の手数料をとるところが多い)

九龍サイドのホンハム地域には、
Harbourview Horizonという大型サービスアパートメントがあります。
一度見学しましたが、施設も充実していました。
中国に行くのも便利なので駐在員の方も多く住んでいます。
ただ2週間前に申し込まないといけないので、空室とタイミングをあわせるのが難しいです。

また、香港島サイドの灣仔(wanchai)~中環(central)エリアは、
すごく便利でいい場所ですが、便利だと空気も悪くなり、
値段も高級サービスアパートメント(30万、50万~)となってしまいます。


今住んでいるこの天后駅周辺は、
SOGOや時代広場などのショッピング施設や、おしゃれなショップも多い銅鑼湾
(Causeway Bay(Tung Lo Wan))からも一駅という立地でありながら、
公園も近くローカルなB級なおいしいお店も多いエリアなので、かなり気に入ってます。
このあたりで家が見つかればいいのですが、古い物件が多く、出物はなさそう。

香港で家を借りる場合、1年FIXといって家賃固定される契約がほとんどです。
家賃相場がどんどん上がる香港では、1年固定契約だと1年は上がらないので
借主にとっては助かりますが、それまでに解約すると残りの家賃を支払わなくてはいけません。

サービスアパートメントだと、その時の相場になるので次の更新で上がることもありますが、
契約にしばられないのも助かります。
(相方さん次第で1年なのか3年いるのか全くわからないので…)

また電化製品などもついていて、何も買わなくていいし、
何より問題が起こった時にフロントがすぐに対応してくれるのはすごく助かります。
(排水トラブルなど、ものすごくよく問題が起こる国なので)

普通に住みたい地域に出物を待って家を探すか、
場所は限定されるけどわずらわしくないサービスアパートメントにするか、
かなり迷うところです。

ごあいさつ

大阪で Confo@TABLE として、マクロビなどの料理の活動をメインに、
おいしいもの情報や日々の生活などblogを書いてました。

そんな中、いきなりの香港生活。
バタバタ来てしまい、ごあいさつできなくてすいませんでした。

半年なのか3年なのか、どれだけ住むのか全くわからないんですが、
おいしいものの宝庫 香港ということで、
嗅覚を頼りに、色々情報発信していきたいと思っています。

香港blogでもよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。